リーマン・ショック以上にヤバい? レバレッジドローンとCLO!!

昼にロイター通信から
とあるニュースが飛び込んできました!

CLO商品の市場規模、金融危機前夜に匹敵=BIS報告

[ロンドン 22日 ロイター] – 国際決済銀行(BIS)は22日公表した四半期報告で、ローン市場で基準が急激に緩み、銀行にとってリスクが見えにくくなる証券化商品は2008年の金融危機前夜に匹敵する規模になっている、と警告した。 …

一体何のことなのかと思い人が多いと思いますが、
わかりやすくまた極端に言うと、

10年前のサブプライムローンによる金融危機前夜と
似ている状況になった!!

と言うことです!

つまり、

金融危機が起こる可能性が大!!

と言うことです!

その内容を知りたいと思う人もいると思いますので、
10年前に起こったサブプライムローンとリーマン・ショック
合わせて説明していこうと思います!

 

サブプライムローン・リーマン・ショックとは

2008年に起こったサブプライムローン、
そしてそれが引き金になって起こったリーマンショックを
説明します。

Loan

サブプライムローン

サブプライムローンとは、
アメリカで貸し付けられているローンの1つで、
主にサブプライム層(優良客(プライム層)よりも下位の層)
を対象とした住宅ローンをいいます!!

このサブプライムローンは、
サブプライム層を対象としているので
返済リスクが高いことから高金利で
お金を貸し出しています!

お金を貸し出しているのは銀行ですが、
銀行からすれば返済リスクが高いサブプライムローンの債権は
あまり持ちたくないという考えがあります!

そこで、
ローンから出る金利を受け取れる権利(証券)を
ヘッジファンドや証券会社・投資家に売ります!

ヘッジファンドや投資家にとっては
証券を持っているだけで
定期的に金利を得ることができます!

結果、
銀行とはリスクを減らすことができ、
ヘッジファンド・投資家にとっては高金利を得ることができ、
お互いwin-winの関係となります!

こうした高い金利を受け取れる金融商品は、
投資家・ヘッジファンドにとっては魅力的なものです!

しかも、
2001-2006年にかけて住宅価格が上昇していたこと、
格付け会社が証券に対して高い評価を与えたことにより
証券の購入が増加していきました!

そのため、
多くの証券が発行されるに至りました!

しかし、
元をたどれば返済リスクが高い住宅ローンです!

2007 年に住宅価格が下落し始めたことをきっかけに、
サブプライムローンの融資金が回収困難な状況(不良債権化)
になりました!

当然、
サブプライムローンが組み込まれた証券は売られていき、
価格も下落することになります!

これが、
サブプライム住宅ローン危機です!!

 

リーマン・ショック

このサブプライムローン証券は
多くの金融機関が販売していましたが、
その中の1つが有名なリーマン・ブラザーズです!!

Times Square Building

当時、アメリカでも最大手の1つと言われた投資会社でした!!

アメリカで最大手と言われれば、
世界的にはどれほどのランクであるかは明確ですよね!!

ですが、リーマン・ブラザーズも
このサブプライムローン証券を販売しており、
この金融危機にも遭遇してしまいました!!

結果、リーマン・ブラザーズは倒産してしまいます!

しかも世界的にも最大手の投資銀行が倒産したのですから、
世界的な信用収縮による金融危機が起きました!

これが、リーマン・ショックです!!

 

レバレッジドローンとCLO

前振りが長くなりましたが、
ではレバレッジドローンとCLOの話に進みます!

しかし、
詳しく説明する必要はないです!

なぜなら、
仕組み自体はほとんど同じだからです!

債務者が「信用リスクが高い企業」になっただけです!!

一言で言うと、
信用リスクが高い企業を対象としたローンを
レバレッジドローンと呼びます!!

そして、このレバレッジドローンを証券化したものを
CLO(ローン担保証券)と呼ばれています!!

しかし、冒頭のニュースを見てみて下さい!!

このサブプライムローンと仕組みが同じである
レバレッジドローン・CLOの販売数が、
サブプライムローン問題・リーマンショックといった
金融危機発生前夜に匹敵するほどの数になっているんです!!

つまり、
リーマン・ショック並の金融危機が
間近に迫ってきている
と言ってもおかしくないんです!!

 

日本への影響は…

ここで心配になるのは、
日本には影響するのかと言うことですよね!!

結論から言うと、
かなりヤバいくらいの影響が出ると思います!!

知らない人は多いと思いますが、

日本の大手金融機関は
世界で発行されているCLOの
約1割のCLOを保有しています!!

農林中央金庫、ゆうちょ銀行、三菱UFJフィナンシャルグループなど
大手の金融機関が有しています!!

もしCLOの暴落が起こったら、
CLOを大量に有している日本の金融機関はどうなるかは、
想像つきますよね!

そうなると、
日本に住んでいる私たちの生活にも
大きな影響を及ぼすことにもなります!!

こうした状況から、
日本としてもCLOへの投資を控えたり
CLOの残高調査をするなど、
対策を行おうとしています!!

 

CLO残高8兆円、農林中金 6月末 新規投資は抑制

農林中央金庫が保有する、格付けが低い企業への融資をまとめて証券化したローン担保証券(CLO)の残高が、6月末時点で8兆円に達したことが5日分かった。2年前の2倍以上に膨らんだもようだ。足元では利幅が縮小していることなどから、投資ペースを落としているとみられ、今後のCLOの価格形成に影響する可能性もある。 …

日銀と金融庁がCLO投資で合同調査、金融機関の保有把握へ

日本銀行と金融庁は、日本の金融機関によるローン担保証券(CLO)などの海外クレジット商品に対する投資の全体像を把握するため、共同で調査に乗り出す。事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。 …

 

今、様々な金融問題を世界は抱えています!

今後世界のあらゆる動きが、
金融危機への起爆剤になる可能性があります!!

今後の動向に注視しておく必要があります!!

名古屋が今後観光都市になるかもしれない…!

先日、
名古屋に行ってきました!

これまで個人的に名古屋は
あまり見所ないのかなと思っていたのですが、
今回の視察でそれは間違いだったと思いました!

むしろ、

名古屋は今後、
日本の中で注目される街になるかもしれない
と感じました!

今回はそんな名古屋の魅力を
経済、投資目線で考えました!!

 

名古屋城
Nagoya Castle

時間がなかったので
名古屋全部を回ることはできませんでしたが、
その中で名古屋を代表する名古屋城へ行ってきました!

当日は凄く快晴で、
視察(観光)にはもってこいでした!

現在名古屋城は改装中で天守閣などは入れませんでしたが、
建立直後の様子を再現したかのように
内部は綺麗でした!

In Nagoya Castle

障子や襖、畳など緻密に再現されており、
絶対にインスタ映えするほど見所ありました!

近々、
名古屋城の近くでオペラも開催されるとのことです!

日本の城である名古屋城の近くでオペラ、
異文化の融合で面白いですね!! ^^

 

金シャチ横丁
Kinsyachi-Yokocho

金シャチ横丁は、
名古屋城の近くにある飲食店・お土産屋が並ぶエリアです!

写真のように、
江戸時代の街並みをイメージしています!

外国人からすれば、
昔の日本の街並みを歩いているようで
興奮すると思います!! 笑

Tori-Kai Sohonke

今回僕は、
鳥開総本家の名古屋コーチンを使った親子丼
食してきました!

Oyakodon with Nagoya Kochin

名古屋コーチン
愛知県特産である鶏の高級食材です!!

実際食べてみて、
肉は柔らかいし卵の味は甘かったし、
もう1杯食べてみたかったくらいです!! ^^

 

実際に名古屋を見てみて…

今回は名古屋城周辺だけの視察でしたが、

上記のように観光としては今後期待値が
高い街でした!

これからさらに外国人観光客が訪日すると言われている中、
名古屋はそうしたニーズに取り組んでいる街の1つだと感じました!!

現在、名古屋は3大都市の中では公共交通機関の
が全体的に行き届いてない状態ですが、
MaaS(前の記事参照)も今後進んでいくことを考えると
今後交通網は発達するかも知れません!

さらに2027年には
リニアモーターカー(品川 – 名古屋間)が開通予定です!!

実際名古屋市としても、
観光への取り組みを進めています!

名古屋市観光戦略ビジョン第3期重点プロジェクト
(愛知県名古屋市HPより)

今後の名古屋への注目度に目が離せないです!!

知らない世界への壁を破れ!!

皆さんは、
知らない世界に興味はありませんか?

In Bangkok

例えば上の写真、
タイのバンコクに一人旅した時の写真です!

バンコクに行く前は、

横に寝ているデッカい仏像があるほど
仏教信仰している人が多い国

という認識しかありませんでした!

ところが、
行けばこんな高層ビルから
バンコクの夜景を眺めることができるんです!

そればかりか、
大型百貨店が多々ある上
壁には大型モニターが引っ付いていて
広告うっているんです!!

The Department Store in Bangkok

皆さんは想像できますか?

僕は想像できなかったです!!

こんな風に
僕たちの外の世界は知らないことだらけです!

でも、
そういったことを自分の目で見て感じたりしたら、
ワクワクしませんか?

でも、
人間はそういった外の世界に飛び出そうとしても
それを拒んでしまう性質があります!

進撃の巨人に例えるなら、
多くの人は壁の内側で安全に暮らしています!

そんな中で、
調査兵団という危険な壁の外へ行ってみよう
という集団がいます!

でも、

そこではそこで経験する冒険や新たな発見など、
多くの人が体験することのできないことに
遭遇します!

先程バンコクの話を取り上げましたが、
それに限らずどんな世界でも
同じようなことが言えると思います!

私たちの周りにあるのは、
新しいことをしようとしているのに
それを拒んでいる大きな壁です!

それを乗り越えようとするか諦めるかは、
皆さん次第です!!

僕も新しい世界への挑戦を試みています!

僕もそれを乗り越えようとしています!

皆さんの気持ちは凄くわかります!

だから、
皆さんと共に乗り越えていこうと思います!!

20代で投資する人が増加中!!

今、
20代で投資する人が増加しています!

「貯蓄から投資」若者の覚悟 動き出す老後マネー

「自分で資産をつくり上げる力を付けることが大切だ」。都内の大学に通う田中挙斗(23)は9月から積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)を始めた。 …

上記の日本経済新聞の記事からもわかるように、
若年層の投資家が増えています!

要員としては、
先日報道された年金2000万円問題や
近年の年金支給額の引き下げ、
年金支給開始年齢の引き上げなどの実情から、
将来を不安視する人が増えてきています!!

これまで、
政府が投資の推進を呼びかけても
あまり投資が行われてこなかったのが、
今になって積極的に投資を行っていこう
という動きが出てきてきました!

実際、
将来の若者に支給される年金はなくなるという
試算が出ているとも言われています!

平均寿命は高くなりますし、
少子高齢化委による労働者人口の減少。

8月27日に厚生労働省から
財政検証結果の報告がされましたので、
今後説明していこうと思います!

将来の公的年金の財政見通し(財政検証)

将来の公的年金の財政見通し(財政検証)について紹介しています。

いづれにしても、
今後日本で生活する上で
今のままでは非常にマズいということです!

この機会に、
資産運用を考えてみてはいかがでしょうか…。



新たな移動サービス概念、「MaaS」!!

まず、皆さんは

MaaS

という言葉を聞いたことはありますか?

多分、
聞いたことない人が
大多数だと思います!!

MaaSとはMobility as a Serviceの略称で、
国土交通省のHPではこう記されています!!

ICT を活用して交通をクラウド化し、公共交通か否か、またその運営主体にかかわらず、マイ カー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を 1 つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ 新たな「移動」の概念である。

MaaS (モビリティ・アズ・ア・サービス) について
(国土交通政策研究所報第 69 号 2018 年夏季より)

今日、
ある場所から別の場所へ移動する時には
あらゆる交通手段があります。

電車、地下鉄、バス、タクシー…
挙げたらキリがないくらい…。

また、
最近はシェアリングエコノミーと言う
車や自転車を貸し出したりするなどの
ビジネスも発達してきています!!

でも、
電車1つとっても、
東京だけでJR、京急、東急、小田急、京王…
などいくつもの鉄道会社が存在します。

そんな数多くの移動の選択肢がある中で、
現在はIT、インターネットの普及・高速化で、
非常に便利な時代です!

そんなIT、インターネットを使って、
バラバラである公共交通機関を1つのサービスと捉え、
あたかも数多くある公共交通機関を
1つの会社が管理しているかのような
垣根を無くそうとしています!!

そうすることで
実際に私たちユーザーには、
もっと便利になったルート検索サービスや
運賃決済サービスが利用できることになります!!

この取り組みは
日本の政策はもちろん、
トヨタ自動車やソフトバンクなど名だたる企業も
参加しています!

そして、
このMaaSは交通に限らず
運送、飲食などにも及んでいます!

それらを支えるインフラ、プラットフォーム、
オペレーターなども
また関わってきます!!

The Companies Participating in MaaS

このMaaSは、
日本だけでなく世界にも広がってきています!!

こんな社会、
想像しただけで面白くなりませんか?

こんな感じで、
私たちのいる世界は
知らない間に進んでいます!

特に最近は、
こうした社会の変化は急速に加速しています!

私達は、
こうした社会に対応できるようにしておかないと
いけません!!