【投資の考え方】他人や情報メディアの情報を鵜呑みにしてはいけないたった1つの理由!!


お疲れ様です。

普段僕たちは、様々なニュースを目にしていると思います。特にインターネットが普及した今日では、メディアだけでなく個人でも情報発信することができるようになりました。そんな中で、自分で良い情報と悪い情報を取捨選択する必要があります。投資に関しては、特にその必要があります。

今回は、

      • なぜ他人の情報を鵜呑みにしてはいけないのか
      • どのように情報を消化するべきなのか

について説明してきます。




Index
今はメディアはもちろん、裏を取っていない一個人の考えも簡単に広がってしまう時代!
どんなに大きなメディアが情報源でも、自分で消化して論理的に考える必要がある!
自分で考えたことを元にした行動は、どんな結果が生じても後悔しない!

a

今はメディアはもちろん、裏を取っていない一個人の考えも簡単に広がってしまう時代!
SNS

まず、皆さんはどのようにして情報を集めていますか? TVや新聞などのメディアはもちろん、今ではFacebookやTwitter、YouTubeなど個人でも情報発信できるSNSから情報収集している人もいると思います。このように、情報がたくさんあり且つ迅速に世界に広まるだけのツールがある一方、

どれが正確な情報なのか一目ではわからなくなっています。

また、逆にデマの情報が大きく広がったり間違った情報が流れている場合もあります。間違った情報といえば、ドイツ銀行のCoCo債がTwitterのトレンド入りしたことが有名です。(詳細は、下のYouTube動画へ)




b

どんなに大きなメディアの情報源でも、自分で消化して論理的に考える必要がある!

僕は、国内・海外問わず普段から色々なメディアに目を通すことが多いのですが、同じメディアにも関わらず記事が違うだけで全く真逆のことを言っていることもあります。もちろんそれは、ジャーナリストやアナリストによって考えが違うと思います。ですが、そのように違う考えの人がたくさんいるのなら、尚更

自分自身で消化して論理的に考える必要があります。

簡単な例を言うと、「仮想通貨ビットコインが最高値を更新」と言うニュースが出たとします。それと同時に、

今後も最高値更新か?

なんて記事が出たとします。すると、

このビットコインが最高値を達成したんだから、今後も上がっていくはず…

と思われるでしょう。特に投資の知識がない人は、このチャンスを逃さまいと考えもなくビットコインを購入してしまいがちです。ですが、その直後にビットコインが大暴落した例は何度もあります。特に、仮想通貨のような投機性の高い投資は、そうした最高値を更新と同時に暴落ということはよくあることなのです。

このように、目先の情報から何も考えず投資をすることは非常に危ないことなんです。




c

自分で考えたことを元にした行動は、どんな結果が生じても後悔しない!

僕は、そもそも自分にとって後悔しないような行動をしたいと思っています。それは情報を元にした投資も同様で、僕も色々下調べをした上で投資をしています。まともに下調べせずに投資するよりは、

しっかりと調べた上で投資した方が、どのような結果が生じても後悔しないと思っています。

逆に、ネット上のクチコミや友人や職場の同僚などの知り合いからの情報など、しっかりとした裏付けがないのに投資をし、大損失を被ったとします。そのような状況になってしまったら後の祭りですし、後悔しようにも後悔できません! 皆さんにはそうなって欲しくありませんし、実際に投資をする前には下調べするべきです!

本日はここまで!!